hon de honwaka

一期一会の本と日常のおはなし

【へびのクリクター】へびなのに?

それとも、へびだから?へびってどうですか。

「へびのクリクター」

文化出版局 1974年3月20日 第1刷発行)

作/トミー・ウンゲラー 

訳/中野完二

どんな絵本…

長く長~く愛されている絵本です。

日本語版がはじめて発行されたのは1974年

私が図書館から借りてきて今手元にあるのは

1992年発行の第41刷。

 

原作は1963年にタイトル「CRICTOR」として

スイスチューリッヒの出版社

「Diogenes Verlag AG」から発行されました。

 

作者のトミー・ウンゲラーさん(1931-2019)は

ストラスブール生まれの

フランス人児童文学作家、イラストレーター。

代表作に「すてきな三にんぐみ」や

「エミールくんがんばる」などがあります。

どちらも未読ですが、表紙絵は見覚えがあります。

今回の作品を読んで、作者の別作品にも

大変興味を持ち、読んでみたいと思いました。

どんなお話…

タイトル通り、へびが主人公です。

クリクターはへびの名前。

フランスの小さな町に住む

ルイーズ・ボドさんというご婦人の元に

ブラジルで爬虫類の研究をしている

息子さんから贈り物が届きます。

 

息子さんからの誕生日プレゼントは

大きなドーナツ型の丸い箱。

箱を開けたボドさんはびっくり!

そこにはへびが一匹入っていたのでした…

 

大蛇系のこのへび

なんとも愛されキャラなのです。

 

性格の良さもさることながら

イラストが愛され度を押し上げています。

素描画のような軽いタッチの線で

描かれたイラストのなかで

へびのクリクターもなんだかとても

愛嬌のあるお顔です。

体つきのうねうね感も怖くない

むしろコミカルで親しみを感じます。

 

とてもお利口なへびのクリクターは

教師のボドさんと一緒に

なんと学校でお勉強までするのです。

人間の子どもたちに混じって

一番前の席で授業に参加しても違和感なし

(いや、あるかも~)

ボドさんにたっぷりの愛情を注がれて

すくすくと育つふたりの仲良し生活は

とても微笑ましいものです。

 

物語はある事件が起きて

クリクターが勲章をもらうほどの

大活躍をするのですが、お終いまで

温かい気持ちのまま読み終えることができました。

 

へびだけど、いやいやへびだから?

苦手な方もへびを見る目が変わっちゃうかも。

イラストから受けるフランスの

小粋な雰囲気も味わいながら、

この愉快な作品にぜひ触れてみてください。

 

以前紹介したへびが主人公の作品も。

tokinoakari.hatenablog.com

tokinoakari.hatenablog.com

【ノホディとかいぶつ】イランの昔話

賢いチビッコの痛快怪物退治

「ノホディとかいぶつ」イランの昔話

福音館書店 

2018年9月1日 月刊「こどものとも」発行/

2023年1月10日 第1刷(特製版))

再話/愛甲恵子 

絵/ナルゲス・モハンマディ

※現在は在庫切れのようです。

 ご覧になりたい場合は図書館などでお探しください。

どんな絵本…

作者の愛甲恵子さんはイラン留学の経験があり

美術家のフジタユメカさんとともに

サラーム・サラームというユニットを組んで

イランの絵本やイラストレーターを紹介する

展覧会などを開催されている方。

 

絵を描いたのはイラン生まれテヘラン在住の

ナルゲス・モハンマディさん。

2006年よりイラストレーションの仕事をはじめ

これまでにボローニャ国際絵本原画展

野間国際絵本原画コンクールなど

国際絵本原画展で多数の入選歴があります。

 

本作では素朴な筆致と優しい色使いで

少女たちの伸びやかな様子を描き、一方

ごつごつとして恐ろし気な、それでいて

どこか間抜けな感じのする怪物を

愉快な物語の中に登場させました。

 

所々に押し葉や押し花をコラージュし

画面の背景にあしらうことで

豊かなお伽話の世界を創り上げています。

 

どんなお話…

むかし あるところに、 なかのよい ふうふが くらしていました。

物語はこんな素朴な一節ではじまります。

 

ふたりには子どもがいなかったので

まめつぶくらい ちいさくても いいから こどもが ほしいと いつも ねがっていました。

 

ふたりの願いはある日

ノホドまめのスープを作っているときに叶います。

ノホドまめとはひよこまめのこと。

その一粒がこぼれ落ちると

とても小さな女の子の姿に。

赤い服を着たその小さなその子は

とても元気で賢い女の子でした。

 

ノホドまめのように小さいことから

ノホディと名付けられた女の子。

地元の女の子たち数人と

落穂拾いに出かけたのですが

山に住む恐ろしい怪物に捕まってしまいます。

怪物は女の子たちを食べようとしますが…

 

お話の見どころは…

あの手この手の機転を利かせて怪物を操り

ついには退治してしまう

勇敢なノホディの大活躍をお楽しみください。

 

何度も危機に陥りますが

その度に怪物を言い負かすノホディにスッキリ。

(ちょっと怪物がお間抜け過ぎる気もしますが

そこはご愛敬ですね)

 

以前記事にした別の作家の方による

イランの絵本も

よかったらご覧ください。

tokinoakari.hatenablog.com

 

【エルマーとブルーベリーパイ】甘くて美味しくて

温かくて素朴で

「エルマーとブルーベリーパイ」

(ほるぷ出版 2017年6月24日 第1刷発行)

作/ジェーン・セアー 

絵/シーモア・フレイシュマン 

訳/おびかゆうこ

どんな絵本…

日本語翻訳版は2017年ですが、

原作が発表されたのは1961年、

今から60年以上も前に書かれた作品です。

原題は「THE BLUEBERRY PIE ELF

(ブルーベリーパイの妖精)。

日本語タイトルのエルマーとは、主人公

とあるお家に住んでいる小さな妖精の名前です。

 

原作者のジェーン・セアーさんは1904年、

米国イリノイ州、シカゴ生まれの方。

大学卒業後、コピーライターとして働きながら

児童書や絵本の執筆をはじめました。

 

イラストを描いたシーモア・フレイシュマンさんも

1918年の、同じシカゴ生まれ。

第二次世界大戦中は米軍兵士として

地図制作などに従事した経験もある方です。

 

そんなおふたりが手がけた本作は、

素朴であどけなく無邪気な妖精エルマーの

ブルーベリーパイ愛が溢れる物語です。

 

どんなストーリー…

小さな男の子妖精のエルマーが、

その家の人たちと一緒に

実を摘むところから手伝って作った

とろけるように あまくて おいしい

ブルーベリーパイ。

 

と言っても妖精であるエルマーは、

人間には見えません。

人間はエルマーの存在を

まったく感じとることができないのです。

 

一度食べたら大のお気に入りになった

ブルーベリーパイを何とかしてもう一度

家の人たちに作ってもらおうと

あの手この手悪戦苦闘するエルマーの挑戦が

ユーモアたっぷりに描かれていきます。

 

エルマーに奇跡は起こるのでしょうか?

それは作品を読んでのお楽しみとして

ここでは私が本作のなかで一番のともいえる

お気に入りなったシーンの文章を抜粋して

締めくくりとします。

エルマーは、ブルーベリーパイのことを

なんとか わすれようとしました。

ブルーベリーパイが どんなに いい においだったか、

どんなに おいしかったか、かんがえないようにしたのです。

あっちへ こっちへ あるきまわったり、

めを ぎゅっと つぶったり、

まくらの したに あたまを つっこんでみたり、

 

でも、なにをやっても

ブルーベリーパイを わすれることは できませんでした。

みなさんには、ありますか?

エルマーにとっての

ブルーベリーパイみたいなもの。

 

【わたしたちをつなぐたび】母と子の出会いと

そして、これからと。

「わたしたちをつなぐたび」

(WAVE出版 

2023年6月20日 

第1版第1刷発行)

文/イリーナ・ブリヌル 

絵/リチャード・ジョーンズ 

訳/三辺律子

 

原題は「The Child of Dreams」

(日本語訳 「夢の子」)

 

どんな物語…

美しい緑に囲まれた奥深い場所に

小学校2、3年生くらいの女の子が

お母さんとふたり、仲良く暮らしていました。

 

穏やかな暮らしが続くある日、

ふと女の子はある疑問を持ちます。

そして

その問いをお母さんに投げかけるところから、

女の子の日常は

いつもとは違った方向へ動き始めます。

 

私たちはどこから来たのでしょう。

自分が何者なのか、

物心ついたころからそれは

私たち人間誰しもの大きなテーマかもしれません。

 

当たり前にあると思っていた

両親というルーツが、もしもなかったとしたら?

それはどんな心持ちを

その人の中にもたらすのでしょう?

 

ふとしたことをきっかけに、

主人公の女の子の胸に浮かんだ疑問は、

そんな誰しもがたどり着くであろう

大きなテーマを抱いていました。

 

たとえどんなに

女の子に対するお母さんの愛が深くても

「夢から生まれた」

コウノトリが運んできた」

というお母さんの答えに

女の子はどうしても納得できません。

 

女の子は森の動物たちに

自分がどこから来たのかを聞くため

出かけることにしました…

 

この物語の魅力は…

どこから来たのかもとても大切なことですが、

これからどこへ行くのかも、

それより更に大切なことだと、

この物語は伝えてくれています。

 

物語の終盤、

女の子がたどり着いた先にいたのは、

大きな孤児院の門の前でぽつんとひとり

自分を迎えに来る誰かを待つ小さな男の子

 

その子との対話によって、

女の子の心にはお母さんの愛情が

真っ直ぐに蘇ってきました。

 

非常に重いテーマを扱いながら、

暗くなることなく、

向き合い続けることによって

道は開けていくということを教えてくれた物語でした。

 

心が穏やかに優しくなるような

グリーンをメインにした色合いの

淡く優しいイラストもとても素敵です。

 

振り返れば、

思いがけないこと思い通りではなかったことは

誰しもの経験の中にあると思います。

それがもし

自分は誰なのかという何より大切なことなら、

尚更悩み時には苦しい夜を迎えることも。

そこに視点を留めた時間のあとで、

これからに目を向けていけたら

少し違った景色が見えそうです。

【アーノルド・ローベルの へんてこな とりたち】飛べるのかな?

これが1971年に発表された作品だなんて。

アーノルド・ローベルの へんてこな とりたち」

(好学社 2023年4月18日 第1刷発行)

作/アーノルド・ローベル 

訳/こみや ゆう

どんな絵本…

「がまがえるとかえるくん」シリーズなど

多数の人気作品を手がけた

アーノルド・ローベルさん(1933-1987)。

アメリカのカリフォルニア州生まれ。

tokinoakari.hatenablog.com

本作の日本語版が発行されたのは昨年ですが、

原作は1971年に

「THE ICE-CREAM CONE COOT AND OTHER RARE BIRDS」

というタイトルで発行されたものです。

 

ユニークで自由で

見る者をなるほどと感心させる説得力のある

不思議な鳥たちが登場するのですが、

その発想といいフォルムや色合いといい、

50年ほど前に書かれた作品とは思えないほどの

瑞々しい鮮度を保っています。

 

どんな内容…

原作のタイトルと表紙絵に登場する

アイスクリームクイナ」をはじめとして、

カメラコケッコ」や「ゴミバケツカナリア」など

名前からして不思議な、

でもどこか身近な鳥たちが

ページをめくる度に次々に登場します。

 

鳥たちには

その独特な姿を描いたイラストとともに、

それぞれの鳥が持つ習性や特徴を表す

短い説明文が添えられています。

 

たとえば「オタマヒバリ」は

ゆげが たつほど むしむしする、くさ ぼうぼうのジャングルで、

オタマヒバリたちの なく こえが きこえます。

一体どんな鳴き声だと思います?

きっと勘の良い皆さんならすでに想像してるはず。

実にアメリカらしい鳴き声です。

イラストの中では8羽のオタマヒバリが、

それぞれに違った声で鳴いています。

答えは一番下に記してみましたので、

ちょっと想像してみてください。

 

ほかにも「ドードーオサツ」とか

ボタンブーツモドキ」、「コンセントアマツバメ」など、

もしかしたらうちにもいるかも?

と思えるような楽しい鳥たちが、

クスッと笑わせてくれました。

 

翻訳家の小宮由さんの日本語訳も絶妙です。

小宮さんは東京都、阿佐ヶ谷で

家庭文庫「このあの文庫」を主宰。

主な訳書に『ワニのクロッカス なにができる?』

『ロベルトのてがみ』などがあるそうです。

本作の魅力的な訳を読んで、

こちらの作品も気になりはじめています。

 

さて、それでは前出の

オタマヒバリ」の鳴き声の答えを。

真ん中の一羽は ♬{オックステールスープ}♬

下のほうの一羽は ♬{トマトクリーム}♬

パープルカラーの一羽は ♬{チキンヌードル}♬

・・・ほかの5つは本作を見てのお楽しみに。

皆さんの思い描いた鳴き声はあったでしょうか。

 

以前記事にしたアーノルド・ローベルさんの作品も。

tokinoakari.hatenablog.com

tokinoakari.hatenablog.com

tokinoakari.hatenablog.com

【さばくのジン】こころにジンがいるときも

ジンとは?

「さばくのジン」

福音館書店 

2017年3月1日月刊「こどものとも」発行/

2023年1月10日 第1刷)

文/新藤悦子 

絵/荒木郁代

※本作は「ことものとも アジアのおはなし 

10冊セット」のなかの1冊です。

 

どんな絵本…

英題は「DJINNS」

ジン(djinn)とはどういう意味か

知らなかったので検索してみました。

 

weblio英和和英辞書によると

ジン。アラブ世界における精霊や妖怪、魔人など超自然的な生き物の総称

また

コーランで言及されて、イスラム教徒により、地球上に生息し、人間または動物の形で現れることにより人類に影響すると信じられている見えない精神

とありました。

 

作者の新藤悦子さんは

愛知県豊橋市生まれ。

津田塾大学国際関係学科卒業。

トルコなど中近東に関する著作を多く手がける。

※本書の作者紹介より

中近東の生活や歴史等に詳しい方による絵本です。

 

どんなお話…

主人公の末っ子シャーは

とうさん、かあさん、5人のにいさんたちとともに

家族でキャラバンを生業にしています。

キャラバンは、らくだに商品となる荷物を積んで

砂漠のなかを町から町へ運ぶ隊列のこと。

 

家族にとって、砂漠で最も恐ろしいと

思われているのが「ジン」です。

ジンは砂漠にいる魔物で、砂嵐を起こしたり

キャラバンを砂漠に飲み込んでしまうのです。

 

そんな恐ろしいジンですが

かあさんが奏でるケマンチェという楽器の音を聞くと

大人しく穏やかになるのだと

とうさんはシャーに教えてくれました。

 

それを聞いたシャーはかあさんから

ケマンチェの弾き方を習い始めますが…

 

作品の魅力は…

ある時、かあさんのいないキャラバンで

代わりにケマンチェを託されたシャーが

どんなふうに恐ろしい「ジン」と

向き合っていったか

 

砂漠を表す薄茶色に染まった画面のなかで

細やかな筆づかいで描かれるのは

末っ子シャーの成長していく姿と

毛むくじゃらで鬼か獣のような「ジン」達が

ケマンチェの美しい音色によって変わっていく

けっして野蛮なだけではない様子

 

日本にいると砂漠のジンに会うことは

なかなかできないことではありますが

職場のジンや学校のジン、そしてなにより

自分の心に突如として現れるジンにも

美しい音楽の効果は当てはまりそうです。

 

ケマンチェとはどんな楽器なのか

本作を読んで音色を聞いてみたいと思いました。

www.youtube.com

www.youtube.com

(新藤悦子さんの他作品は

「いのちの木のあるところ」

「青いチューリップ」(日本児童文学者協会新人賞)

イスタンブルで猫さがし」

「アリババの猫がきいている」などがあります。)

 

【ぼくだってとべるんだ】ペンギンの子の願いは叶う?

飛び方もいろいろあります。

「ぼくだってとべるんだ」

(ひさかたチャイルド 

2020年4月第1刷発行)

作・絵 フィフィ・クオ 

訳 まえざわ あきえ

作者の紹介…

文章と絵を描いた著者のフィフィ・クオさんは

台湾生まれ、台湾育ち。台湾の大学で学んだ後

ケンブリッジ・スクール・オブ・アートで

子どもの本の絵を学びました。

本作が絵本作家としてのデビュー作です。

クラウス・フリューゲ賞にもノミネートされました。

どんなお話…

ページを開くとそこは

深く澄んだ青い海と真っ白な雪で覆われた大地。

遠くの山並みまですべては白銀の世界です。

その大地の遥か遠くに小さく見えるのは

丸みを帯びた黒い背中と同じく黒色の小さな翼

それに真っ白でふっくらとした

お腹が特徴的なペンギンの群れ。

 

このお話の主人公は

その群れの中の小さなペンギンの子。

空を飛ぶカモメを見上げて、その子は思います。

ぼくも はやく おそらを とびたいな

 

カモメに聞いても

お父さんペンギンに聞いても

ペンギンは空を飛べないと言われますが

子ペンギンは諦めません。

小さな羽を一生懸命パタパタ動かして

高いところから思いっ切りジャンプします…

この作品の魅力は…

まず愛らしいペンギンのイラストに注目です。

黒と青のクレパスで粗くサラリと描かれた

素朴なイラストが優しい印象を与えてくれます。

 

冷たく寒いはずの氷と雪の世界も

この柔らかいタッチで描かれた

愛嬌のあるペンギンの顔と動作を見ているうちに

ほっこり温かなものに。

 

そして、とにかく飛びたい一心で

一生懸命な子ペンギンが可愛らしいです。

一度や二度の失敗では挫けません。

 

再び高い丘の上から飛ぼうとしますが

今度は勢いよく滑って下へ下へ。

思いっ切り大きな音を立てて

海の中へ落ちてしまします。そして…

 

本書の著者紹介欄によると、著者は

ものごとにはいくつもの側面があって、

見かたを変えると、新しい真実が見える

ことをこの作品で表現した。

とありました。

 

青と白に澄み渡る美しい世界の中で

自分の飛び方を見つける子ペンギンと一緒に

物語の中に飛び込めば

お子さんだけでなく

大人の皆さんもそれぞれの飛び方について

考えてみるきっかけになりそう。

 

いろいろなことが起こる世の中ですが

どんな未来が待っていようと

ペンギンの子のように

今自分ができることを一生懸命前向きに

取り組んでいれば、そのこと自体が

自分を支える柱となってくれると思います。